注文住宅でむしろ倹約になる?

家を建てる時に、注文住宅で建てるというといかにもお金がかかりそうな感じがします。
少なくとも建売よりは高いという印象です。
しかしそうと決まったわけではありません。

むしろ、注文住宅の方がリーズナブルという場合もあります。
どういうことかというと、注文住宅であってもできるだけオーソドックスなデザインを使うと、建売で使われる材料の転用ができるので材料が安く抑えられ、さらに壁など仕切りを減らしていくと材料の量が少なくできるので、必要な耐久性を確保すれば、やはり安くできます。

内装に関しても、できる部分は業者に任せるのではなく自分でできることは自分でやると、やはり金額が抑えられます。こういう家に一生住むのは抵抗がある、という人もいるでしょう。
ですが、そもそも一生住む必要はありません。

たとえばこうやって1500万円で家を建て、15年住めば、年に100万円、
月あたり8万円程度の家賃と光熱費で暮らせるわけです。
土地があるなら、同じ広さのアパートなどに住むよりもずっと割安でしょう。

PR|GetMoney|オーディオ|健康マニアによる無病ライフ|童話|アフィリエイト相互リンク|英語上達の秘訣|住宅リフォーム総合情報|工務店向け集客ノウハウ|内職 アルバイト|貯蓄|お家の見直ししま専科|初値予想|家計見直しクラブ|生命保険の口コミ.COM|ショッピングカート|生命保険の選び方|心の童話|